Saelieful Life (よこたさえり)

アクセスカウンタ

zoom RSS そんなんでいいわけないでしょ!

<<   作成日時 : 2008/01/25 21:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・年金特別便はやっぱりブーだよ!
 昨年末桝添氏が「該当者へのクリスマスプレゼントかお年玉になる」と息巻いた年金特別便がやっぱり上手く機能していないことがわかり、新たな対策に打って出た。

 それもそのはず、幾つもの職場で就労した経験のある人にとって、「空白を埋めよ」的な入試のような書類が送られたって、すべて埋め尽くせるとは考えにくい。今回特別便が送られた85%の人は「これでOK」と返事を出したと言うが、その中の何人かは思い出せずに「OK」と返事をしたことが厚労省の調べでわかっている。
つまり特別便には本人のものと思われる就労(年金加入)記録のすべてを提示しているわけではなく、わかっている年金加入記録だけを提示し「これでいい」と言わせるかのように送りつけていたと思えて仕方がない。

 ・子どももあきれるよ
 今回桝添氏がかすかに笑顔を浮かべながら話した内容は、「全部思い出さないと受取額が少なくなっちゃうよ。思い出せない人は聞きにおいで。そしたらヒント出してあ〜げる」ってなこと。
なんだこれ

 さらにわざわざ赤い字で、「ここんとこを思い出すんじゃ!!」と印までつけてくれているのだとか?
「どうですか?わかりやすくなったでしょ?」と言う桝添氏。
必要があれば再度見直すと付け加えてはいたが、そもそもヒントになる内容を知っているのならばはじめから教えてくれればいいのに、と思うのは私だけだろうか?

・足運ぶのはそっちでしょ!
 個人情報の問題だとかってもっともらしい言い訳をしているが、そんなことを言うなら一件一件アポ取って訪ねて行って話をすればよい。
民間の生保や損保は呼んでもいないのにやたら訪ねたがるし、HNKの受信料取り立てオジサンたちだって、受け取るまでしつこく来るっていうじゃない。

 自らの不祥事で「年金問題」を招いた厚労省はテレテレ仕事している税金泥棒さんたちに「お訪ねマン」のお仕事をやらせたらどうですかね。人に頭を下げることを知らない国家公務員さんたちにはちょっと厳しすぎるお仕事かな
でも、この「年金問題」はそれくらい厳しいことなんだってことを思い知ってもらいたいよ。

・わからない人にはいくら言っても通じないと思うけど 
 年金保険料を支払くことは大きな負担だ。それでも老後の保障と思うから皆苦労して払い続けているんだよ
それを「この穴埋め問題を解けた人には年金をもっと払ってあげます。ヒントはこれ!さぁ考えてみよう!!」
こんなことあり得ないよ

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
  • 横田砂選ホームページ
  • そんなんでいいわけないでしょ! Saelieful Life (よこたさえり)/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる