アクセスカウンタ

Saelieful  Life (よこたさえり)

プロフィール

ブログ名
Saelieful Life (よこたさえり)
ブログ紹介
横田砂選が日々の生活の中で感じたことをジャンルを問わず書いちゃいます!
help RSS

遅ればせながら 賀正

2014/01/02 22:29
お伝えしていなかったのですが、FB

https://www.facebook.com/saelie.yokota 

もごらんいただけると嬉しいです。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


圧勝 ばんざ〜い!!

2012/06/08 23:14
圭介くんのハットトリック 良かったですね。

オマーン戦よりもパス回しが良くなっていたね、なんて度素人の私が言うのも失礼な話ですが、逆に言えば素人にもわかる成長振りだって言うことですね。
ヨルダンも10人なのに後半の立ち上がりは結構攻めてきたし頑張っていたけれど、最終予選これまでの戦いぶりは、相手チームが弱いのではないかと思うくらい我がサムライたちが試合の主導権を握っていました。

長谷くんの怪我は大丈夫だったみたいだけれど、麻也くんは心配。

オーストラリア戦に麻也くんが出られないなんて事になるととても寂しいけれど、まだ先の長い最終予選ですものね。無理をしないでいただきたいものです。

なにはともあれ うれしー!!

来週火曜日は タフなオーストラリア!
応援 がんばります。

サムライたち、絶対進化しているね。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


やったー!! 快勝

2012/06/03 22:53
最終予選 初戦勝利おめでとう!!

危なげない試合だったといっても、もっともっと伸びしろがありそうな課題も残った試合だったのではないでしょうか?

まずは勝ち点3、良かったですね。

8日は「日本には負けない」と思って挑んでくるヨルダンです。
応援も気合が入ります。

キリンの応援缶 迷った末に発泡酒ではなく「一番搾り」にしました。 「一番」とつくところに私なりの縁起担ぎです。
結果、「一番搾り」選んでおいてよかった、なんて自己満足しながら勝利の美酒を楽しんでいます。

もちろん今回もサムライブルーのマニュキアに日の丸書きました。
12日まではとにかくサムライディズです。

A代表の皆さん、明日はゆっくり体を休めて、8日の試合また頑張ってください。

とにかく嬉しい結果です!!!

ばんざぁ〜い!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


もうすぐ梅雨入りかなぁ

2012/05/30 18:43
私の愛する季節「夏」を迎えるには「梅雨」を絶えなければなりません。私にとってはツラーイ季節なのです。
が、もう随分前のことになりますが、事務所の先輩だった堀勝之助さんが「雨の日が好きだ」「梅雨時がいい」と話してくれたことがありました。理由は「適当な湿度でのどの調子がよいから」だというのです。確かに乾燥した季節よりも湿度が高いとのどが渇かずお声が出しやすいということはありますね。
でも、私は太陽がないとダメなのです。浅香光代先生の言葉を借りると「おてんとさん」ってことです。
人が暑さでバテバテになっていても私は元気に炎天下に飛び出してしまうんです。おてんとさんの光を浴びるとホント幸せ。
「美白」「紫外線防止」なんてどこ吹く風ってとこですね。

それにしても最近の紫外線対策グッズってすごいんですね。
まるで仮面舞踏会かイスラム圏の女性のような被り物なんですもんね。白い肌のために人目も気にしないという女性たちの姿勢には、私も同じ女性として驚くばかりです。ま、小麦色の肌にあこがれて散々焼いてきた私には今さら「美白」なんてね。

さぁーて、今年の夏は  
あまり暑くならないような予報ですが、節電を考えるとありがたいことでしょう。

そしてW杯最終予選が始まります。
先週のアゼルバイジャン戦は久しぶりに圭介くんが戻ってきてパス回しも理想の形が見えてきたように思いました。後はヤットさんが加われば完璧!かなぁ。(ガンバ 頑張れ!)

香川くんが敵のマークをどうかわしてくれるか?も見ものですね。
(香川くん マンチェスターかぁ! すごいね)

しっかり応援します!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ペンギンくん

2012/05/16 18:40
3月4日に葛西臨海水族園から脱出したフンボルトペンギンの幼鳥がお台場近くの東京湾で発見されたというニュース。

まだ子供だと聞いた時は絶対に生き延びることは難しいだろうと思っていただけに、間違えなく脱出したペンギンくん(男の子か女の子かわかりませんが)だと聞いて思わず拍手してしまいました。

よく頑張ったね!ってニュースの映像に釘付けになっていると、そこに写った姿は何だか自由な生活を楽しんでいるようでビックリ。

フンボルトペンギンというのは比較的暑さに強い種で、海岸の洞窟などに巣を作って海でエサをとっているのだそう。
ということは 脱出ペンギンくんも東京湾岸のどこかに巣を作っているのでしょうか?
フンボルトペンギンでなければ生き延びることは難しかったでしょうね。

我が家は葛西臨海水族園と今回発見されたあたりのちょうど中間のベイエリアにあります。なんだペンギンくんったら、うちの前を通ってあちこち遊びまわっていたのかしらね。

捕獲は失敗、今なお自由を謳歌しているというペンギンくんですが一人ぼっちじゃ寂しいでしょう。
東京湾で友達できたかなぁ。かもめとか?

夏になると屋形船やクルーザーも頻繁に行き来するようになる地域ですからその前に家族のもとに返してあげたいですね。

水族園に戻ったら家族や仲間たちに武勇伝をいっぱい聞かせてあげるのかな? 

好奇心旺盛なペンギンくん 無事戻れるよう祈っています!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


友人のお見舞い

2012/05/09 19:10
わたしよりちょっとお姉さんの真知子ちゃんが入院しています。
ずっとずっとお見舞いに行かなきゃと思いながらなかなか伺えずにいました。
で、きのうお仕事の後訪ねました。

真知子ちゃんは癌に侵されています。
3年ほど前に再発しました。その2年くらい前に乳がんが見つかり手術で片方の乳房を取りました。
その後はすっかり元気になり いつものおしゃれ真知子ちゃんだったのですが恐れていた再発。

抗がん剤治療を繰り返しながらもワンちゃんとの生活を楽しんでいました。
次の抗がん剤治療が終わったらディズニーシーに行こうね、って2年も前に約束をしながら実現できずに今日まで来てしまいました。
ずっと気にかかっていたのですが。

抗がん剤治療はとても辛いものです。患者にあった薬がすぐに見つかるというものでもないようで、精神的にも不安な時期が続いていたのではないかと思います。私たちもそんな真知子ちゃんを見ているとTELもメールも送りづらくなっていました。

ディズニー行って、IKEAで買い物して、COSTCOにも行って、いっぱい予定を立てていたのに何もできませんでした。
真知子ちゃんが元気な頃仲良し3人で買い物に行って、私のステーションワゴンに積みきれないほどの買い物をしたっけ。
私たちの買い物に車は必須です。仲間内で車を所有しているのが私だけなので、私が「GO!!」って言えばよかったと、今となっては。

真知子ちゃんの容態を時々教えてくれていたむぎちゃんから連絡があったのが1週間ほど前。
「真知子ちゃんがもう起きられなくなった」ということでした。
謝らなければいけないことが沢山あります。

真知子ちゃんはとても穏やかな表情でした。すっかり痩せて40kg
もないのだと言っていました。お顔も目ばかりが大きく見えました。もともと目元のはっきりした方ですがそれ以上に。

私の顔を見ると喜んで手を伸ばしてくれました。私はずっと手を握ったまま話をしました。
真知子ちゃんは私やむぎちゃんの心配ばかりしていました。
「夏まで生きていられないと思うのよ。もうあなたにも会えないとあきらめていたんだけど、来てくれてありがとうね。嬉しいわ。」

「いっぱい思い出作ろうね」って約束したのに守れなかったことを私は謝りました。「いいのよ、最後にこうして会えただけで」真知子ちゃんは私の手をしっかり握ってくれました。

どう声をかけたらよいのか適当な言葉が見つかりませんでした。真知子ちゃんは今以上に容態が悪くなったら家族以外の人とは会わないだろうと言っていました。弱った姿を見せたくないと。

そして最後の時を迎えたらお姉さんのところで荼毘に付し、その後はご実家のある仙台に戻ると話していました。

まだ話もできるし記憶もしっかりしているのに、真知子ちゃんにとっての未来は自分の亡き後のことでしかないなんて、信じられないし、信じたくない。でも、真知子ちゃんはしっかり受け止めているようでした。

1年くらい前に「死ぬのは怖い」と言っていた真知子ちゃん。
誰にでもいつかは訪れるその時をベッドの中でじっと待つだけの日々を過ごしている真知子ちゃん。

10分くらいの面会でしたが、私たちにとってお姉さん的存在だった真知子ちゃんは大切なことを沢山伝えてくれたと思いました。

「もし元気になるようなことがあったらまたどこか行こうね」
真知子ちゃんはそう言って、ずっと手を振りながら私を見送ってくれました。

真知子ちゃんがもう苦しむことのないように。
そう願うばかりです。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


やっぱ、パナソニックばっかりだ

2012/04/25 22:18
リビングルームの照明器具を変えました。
半年くらい前からついたり消えたりしていたので早く交換しなければと思っていたのですが、カタログを見ながらどれが良いのか迷いに迷って結局半年も経ってしまったのであります。
ここ1ヶ月くらいは点いたり消えたりの現象の頻度がかなり高くなったのでいよいよ決断の時が来たというわけで、パナソニックのLED エコナビのついた機種を選びました。

そうそう、私はずーっと以前松下電工(現パナソニック電工)の社員だったのですよ。ショールームで照明器具やシステムキッチンのコーディネートをしていました。だから照明器具を選ぶのなんてお手のもん!なんて思っていたら大間違い。
今時の照明器具はさっぱりわかりません。私がショールームにいた頃はすべてルクスで表示されたいたのですが、今はほとんどルーメン、ルーメンってなんだよ!から始まっていろいろ勉強いたしました。ざくっと言えばルーメンはワット数みたいなもので白熱灯のワット数のおよそ10倍と考えて選べばよいようですね。
私の記憶では蛍光灯のワット数10ワットが1畳に適していて、白熱灯はその3倍だったと思うのですが違ったかなぁ。違っていたらごめんなさい、塩見部長(私たちが入社した時に研修してくださった先生です)。

我が家は私の留守中お留守番をしているジョジョ君のために常にダイニングの照明をつけっぱなしにして外出していたのですが、今度の照明はお留守番機能がついているので少しは省エネになるかな。

もちろん省エネ効果も期待してLEDを購入したのですからね。

それにしても15年使った照明とは段違いの明るさだ!

照明器具購入時のポイントを利用してFAXも新しくしました。これも10年使ってわけもなくピッピと鳴るようになってしまっていたので買い換えなければと思っていたもの。
いろいろ調べておたっくす(パナソニック製)にしました。


そういえばきのう驚いたことがありました。
マンションの宅配ボックスに私宛の荷物が?????
うっ?何も頼んでないのになぁ。

結構大きな荷物です。
「パナソニック ナノイー発生機」とあります。
何じゃこりゃ!

実はちょうど1ヶ月前、イトーヨーカ堂で買い物をした際何かの応募件をもらいました。3枚あったっけなぁ。そのうちの1枚の希望商品が「ナノイー発生機」だったんだった。
そんなことすっかり忘れてました。
時々「○○が当たる!」なんていうのに応募することもありますが当たったためしがありません。全く期待していなかったものですから嬉しいよりビックリ。早速寝室で使っています。
ジョジョにも体にいい空気を吸わせてあげたいしね。

と、いうわけで、気がついたらやっぱりパナソニック製ばかり。
テレビもブルーレイもホームベーカリーも.......

家電選ぶ時、最初に目に入るのは「パナソニック」なのです、どうしても。

松下に入社すると必ず叩き込まれる「松下幸之助」様の「水道哲学」。松下幸之助様のおかげで私もこのように欲しい家電に囲まれて暮らすことができるのです(って 言いすぎだね)

おらが街の総理大臣も「松下政経塾」で「水道哲学」を学んだはず。消費税アップは仕方がないと思うけれど消費者が納得するようにしっかり説明して欲しいな。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あいうえお

2012/04/18 19:37
先週 「あいうえお」の同窓会がありました。
と、言ってもなんのことかわからない人の方が多いと思いますが。

私の初のレギュラー番組、NHK教育テレビで放送されていた
小学校1年生向けの国語の番組でながーく続いた番組だそうです。
私たちはその歴史の中の1年(放送は再放送もあったので2年)を担当しました。

私たちの代は「もんじゃ博士ときらりちゃん」が進行し、「しろくん、みどりくん ピンクちゃん」というちょっとできの悪い子供が国語を学んでいくというもの。
私は「ピンクちゃん」だよ! ちなみに声の出演ではありませんよ。私たちが子供役をやっていたのです!!!

収録期間は1年間だったのですが、スタッフ、、出演者皆家族のような兄弟のような関係で今でも2〜3年に1回は同窓会をしています。

子供番組ですからお人形が出てきたり、私たち出演者が美術さん手作りの紙の衣装を着て踊ったり、とにかく毎回楽しく収録させていただきました。出演者やお人形操作をする人、スタッフさんの多くが同世代ということもあって、収録後の「飲んで騒いで」の時間が楽しくていつまでも帰らずみんなで一緒にいたのを思い出します。

一緒に旅行もしたし、フリースペースを借りてスタッフさんへのお礼のイベントを企画したり、他のどの現場の仕事よりも密度の濃い一体感がありました。
そんなわけであれからかなり月日が流れましたが今でもとっても仲良しなんです。

同窓会にはお父さんのようなディレクターさんからお人形の操作をしていた大先輩をはじめスタッフさんまで毎回15人ほど集まります。
それぞれの近況を話し、後はやっぱり思い出話。

みんなの働くジャンルが違うため興味深い話も聞けて勉強にもなります。

今回は欠席だったのですが、私の代のしろくんとみどりくんを紹介すると、
しろくんは テアトルエコーのベテラン俳優の後藤敦さん
みどりくんは いつの間にか人気者になっていた ぴろき(佐藤ひろきさん)です。

それから宣伝!

お人形操作ときれいな『字』を担当していたわけみずえさんが
イラストを担当した本が出版されています。
「漢字んな話」「漢字んな話2」(三省堂)
漢字の成り立ちを落語調でとってもわかり易く説明してくれている本です。子供から大人まで楽しめる本だと思います。漢字が苦手な私も「なるほど!!」と納得。
機会があったら手に取ってみてください。
画像


さぁ、私もみんなに負けないよう頑張らなくちゃね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おかえりなさい しらせ

2012/04/11 15:02
南極観測船「しらせ」が4/9東京晴海埠頭に帰ってきました。
聞くところによると、今回の航海はかなりの難航海だったのだそうで本当にお疲れ様でした。

今年は18年ぶりに昭和基地への接岸ができなかったというほどの海氷と雪に見舞われたとのこと。
海氷は4メートルに達していてその上に2メートルも積雪していたのだそうです。

船ごと体当たりをして氷を割る砕氷船「しらせ」は往復4000回を超える体当たり(ラミング砕氷)をした結果右の舵を損傷し、帰路は左の舵だけで20000キロもの航海を続けて戻ってきたのです。

このようなことは53回を数える南極観測の歴史でもはじめてのことだそうで、それほど南極付近の環境が苛酷なものに変化してきているということの現われなのでしょうか。

右舵の応急の処置も不可能な事態に輸送艦と補給艦を応援に向かわせるかどうかも検討されていたそうで、最悪「しらせ」は氷に囲まれた海上で最小限の乗組員と「越冬」ということも視野に入れていたのだそうです。

私は毎日「南極観測のホームページ」で2/13に帰路に着いた「しらせ」の航行の様子を見てきました。
2/13日から1週間近く「しらせ」の位置は全く変わらないものですから、ずぶの素人の私は「更新されていないのかなぁ」と思うほどでした。 「しらせ」の右舵が帰路に着いた2/13その日に損傷していたなんてく知らぬまま。

ようやく「しらせ」の位置が日々動き出して、航空写真で見ると青い海の上に出たときは自分のことのようにホッとしましたね。

オーストラリアのフリーマントルで観測隊とお別れ、ミッションのひとつを終了しさぞ安心したことでしょう。でも、その後も左舵
1枚で航海は緊張の連続だったのではないでしょうか。

乗組員の皆さん、「しらせ」お疲れ様でした。

しっかりメンテナンスしてもらって、また秋には元気に南極に向けて出航してくださいね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ようやく桜が咲いたね

2012/04/08 18:55
駅前から我が家のマンションへのアプローチは片側が桜の木、桜並木と呼ぶほどではないけれどちょっとしたお花見気分になれるひと時です。
今日のような青空の日には淡いピンク色の桜の花が空に浮かぶふわふわの綿あめのように見えて足取りも軽くなる感じ。

私がはじめて桜の美しさに感動したのは今から15年くらい前かなぁ。当時私は日本テレビまで毎朝車で通っていました。
コースはいくつかありましたが、首都高を北の丸でおりて千鳥ヶ淵を抜けていくコースが私の一番好きなコース。
事件や事故の暗いニュースを伝えることが多かった私ですが、千鳥ヶ淵を抜ける際に真っ青な空に浮かぶ桜の花を見てなんとも心が癒されました。朝6時過ぎでしたから他に通る車も少なく、その美しさを独り占めしたようで「へぇ、桜ってこんなに美しかったんだ」なんでひとり言。
それまでは単なる季節の風物詩くらいにしか思っていなかったかもしれません。そう、「花見しようよ!」ってね。
でも、桜の花を愛でるようになったってことはちょっぴり年取ったから?なんて思ったりもして。

今年は何かとバタバタしていてお花見の予定もありませんが、家の前のプチ桜並木と近所の公園の桜並木を車で通り抜けてお終いかな。

そうそう、バタバタしているといえばきのう事務所の社長にこっ酷くしかられてしまいました。
理由は私が事務所からの連絡にすぐ折り返しの電話しなかったから。当然私が悪かったのですが、電話の着信を見られない時に限ってなぜか何度も着信があったりするんですよね。ありゃ、何でなのの? 事務所からの連絡に限らずプライベートの電話でも。そういうことってありません?
今回のことは、午後6時半ごろ着信が1件もないことを確認したのですが、次に見たのが午後9時で、その間の約2時間半に7回も着信があったのです。タイミング悪すぎるよね。
でも、これからは事務所が閉まる午後7時直前に一度着信の確認をするようにします、って言ったんだけど、状況によっては難しい時もあるよね。

まっ、仕方ないね、努力します!
桜でも見て癒されてこよっと。

それはそうと、前回必ずチェックするブログとして紹介したはせ君の前回更新のブログが削除されたのです。
はせ君のブログが更新されると欠かさず読む私ですが、ここ数日忙しさのあまり眠気に負けてその回に限って「明日読もう」って読まずに寝てしまったのです。
翌日、「なんてこった!」 ショックので言葉も出ませんでした。いったい何が書かれていたのでしょうか? なぜ読まずに寝てしまったのか? 悔やんでも悔やみきれません。それに読めないとなるとやたらと気になるものですよね。
あ"〜、これからは更新されたら必ず読もう!絶対!

ということで、
電話の着信はこまめにチェック。
眠気に負けない。
以上、きょうの教訓
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


最近チェックしているもの

2012/04/02 23:39
その2
MAZDA CX5

これまでzzzzzzzzっーとシトロエン派だった私が突然気になり初めて以来何とか手に入れたくて仕方がない車が「MAZDA CX5」

シトロエンの居住性の良さは申し分ないのですが、数年前からSUV車に目が留まるようになりまして。
自ら運転もしたことなどないのですが、あの程度の車高の高さに魅力を感じるようになりました。

そんな時友人が「今度良い車ででるようですよ」と教えてくれたのです。
早速検索。

わーっ、これか。ヨーロッパでのモーターショーで紹介されていたCX5の姿を見て「良いんじゃない!」
しかも「クリーンディーゼル」だって。

早速、発売日といわれていた日に地元のMAZDAに飛び込んだのであります。

ところが、まだ正式のカタログもなければ、当然車を見ることもできないまま、簡易カタログだけもらって自宅に戻り
その日から毎日簡易カタログに目を通し、ネットで実物を見た人、乗った人の感想を探しまくりましたl。

1週間後 私も試乗ができました。
担当の大介さん曰く、当店で最初の試乗者です、とのこと。
私が試乗したのはガソリン車だったのですが、姿形は全く一緒。

大介さんの誘導で、街中を一回り。
乗りやすいよ!! あんなに大きいのに車幅とか全く気にならない。見通しも良いし、とっても気分良くあっという間の試乗でした。
これからのエコを考えると、やっぱりガソリン車よりディーゼルが欲しくなっちゃうよね。

見積もりまで立ててもらって、ほとんどその気になって自宅に戻ってみると、「ちょっと待て?! うちのマンションの駐車場、車幅制限あったっけ。」

押入れの奥のほうから駐車場規約を引っ張り出して「車幅、車幅」と調べていくと、ありました。
「1800mm」

なにー!

「CX5」は「1840mm」

ダメってこと?????

即 管理事務所に聞きにいったのでありますが..........。

「今は1800mmまでですね、でも大きい車を希望されている人が多いので近々理事会で話し合うことになっているよ」

そんなこんなで、毎日カタログを見ながら、「1800mm」の縛りが早く解けることを期待する日々なのであります。

すでに 3-4ヶ月待ちという人気っぷりの「CX5」。

果たして私の手元に来てくれるのは何ヶ月先のことになるのでしょうか?




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新年度 「心機一転」 ってことで 「南極」

2012/04/01 19:32
2012年4月1日
随分ごぶさたしてしまいました。

この間何度となく「ブログに書きたい」と思うことはあったのですが、なぜか........。

新年度を迎え少しスタイルを変えて再開しようと思います。

早速ですが、私が毎日チェックしているページについて。
「人のブログ読む時間があるのなら自分のも書けよ!」  わーっ、そんな声が聞こえてきそうですね。
おっしゃるとおり。

で、チェックしているページは:
やっぱり代表選手のブログでしょう。
その中でも
長谷部くん
川島くん
吉田麻也くん
のページは毎日朝晩チェック! 
時差があるから豆にチェッしています。

それと、今最も関心があるのが
「南極観測のホームページ」
なんで「南極」なんだ!といわれそうだけど、見始めるときりがないのです。
昨年末に放送されていたキムタクのドラマ「南極大陸」の影響?
うん、まったく影響していないとは言えないのですが。


今からさかのぼること数十年前、テレビで南極からの中継を見た時、始めて観測隊の姿を見て以来結構彼らの活動には興味があったのであります。
子供心にかっこいいと思ったのですね。
ブリザードなんて言葉は知らなかったですから、猛吹雪の中で毎日何かの記録をとり続けたり、オーロラの研究をしたり、って漠然とすごいと思ったわけです。私にとって宇宙飛行士より南極観測隊の方が職業として魅力的だったのです。

それからなが〜い時が経ち、

キムタクドラマが始まると知った時の感動は言葉にならないくらいのものだったのですが、実際毎週欠かさず見ていくうちに「ダメじゃん!! 南極のことなんか何も描かれていない!!」と欲求不満が募る一方だったのです。強いて挙げるなら南極観測という夢の大事業が成功するまでの関係者のご苦労は少しは垣間見ることができましたけど。

そういば「国立極地研究所」のシンポジウムに友達と申し込んで行ってみたりしたっけな。周りにいる人が研究者みたいな大人ばかりでビックリして小さくなっていたのを思い出しましたよ。
もしかしたら子供でも参加できるものがあったのかも知れませんが当時の私はそこには行き着きませんでした。

南極に関する本といっても学術書みたいなものしか探せなくて、子供にはまったくとっつきにくいものでしたね。
タロジロの子供向けの本はその頃でもあったようですが。
数十年前は今のようにインターネットで何でも調べることができる時代じゃなっかったので、私の興味もどうやって満たせばいいのかわからないままいつしかしぼんでいってしまったのです。

今ではあの難しそうな研究者の集団ってイメージだった「国立極地研究所」もわかりやすいHPで南極や北極での活動を紹介してくれています。子供向けのサイト「南極ワンダー」なんていうのもあって、私も時間を忘れて楽しんじゃいましたよ。

皆さんは知っていましたか?
皇帝ペンギンってペンギンの中で一番大きなペンギンなんですけど体調が130cmあるものもいるんだって。130cmですよ!!
会ってみたいと思いませんか?

きのうから、NHKBSで「フローズンプラネット」という番組が始まりました。3年にわたって極地を撮影したのだそうです。
きのうの初回は録画したのですがまだ観ていません。
ちゃんと時間をとって観たいからね。

北極より南極が魅力的。
なぜ?
ペンギンがいるからかなぁ。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あ"〜 苦しかったよ!!!

2011/09/07 01:52
まさかまさかの先制点、とられるなんて思ってもみなかった。

いつもと違うフォーメーションでなんとなく動きがぎこちない感じは私もわかるほどだった。

そう、はせくんがトップ下に入るっていうのも驚きの一つ。
清武くんが先発すると思っていたのに。
北朝鮮戦の後半ではせくんが前に走りこむシーンが多かったけど、それが「はせくんトップ下」の前触れだったのかなぁ。

でもやっぱり、やっとさんとはせくんがボランチで中盤をしっかり固めてくれる方が私のような素人が見ていても安心できるよ。
ウズベキスタン相手だから新しいシステムをためしてみたのかなぁ。

けがの選手も多い中での試合だけど、新しいメンバーがどんどん結果をのこして選手の厚みが出てくるといいね。

勝ち点1、よかった、よかった。

でも、苦しい戦いだったよ。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


あ〜 よかった!!!

2011/09/02 21:48
サムライたちの戦いが始まった。

初戦 北朝鮮、今のサムライたちなら楽勝かと思っていたが、本田選手、憲剛選手をを直前で欠いたことでちょっとだけ不安もあった。しか〜し、ここまでゴールって遠いんだと思うわせる戦いになるとは......。

いや〜、力が入った。 あれだけシュート撃ってもネットを揺らすことが本当に難しいんだって改めて感じた。

あんな激しい雨の中でプレーするのも大変だよね。逆サイドの選手の動きが良く見えないくらいだったもんね。

でもケガ人が出なくてよかった。

北朝鮮のキーパーはあんなに足痛そうにしてたのにビョンビョン飛んでた。精神力なのか、本当に痛いのか? 

長谷くんも後半は見せ場たくさん作ってくれたし、良かった、良かった。

ひとつ気になったこと。
柏木選手が8番をつけていたこと。
松井くんはもう呼ばれないの?
ショック!!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


おらが街の総理大臣

2011/09/02 00:05
・野田総理誕生
 
 本当に久々の書き込みがこの話題になるなんて正直思ってもみなかった。

 野田くんちのお兄ちゃんが総理大臣になったんだよ。
お兄ちゃんが95代目っていうから、これまでに私のような思いをした人は94の地区の人々ってことか。

 お兄ちゃんの家と私の実家が徒歩で5分とかからない。
同じ町内会ではないのだけど、道一本隔てたところだ。
お兄ちゃんのお父様は私の母たちと同じ地域のグループだったそうだし、そんな身近な人がなっ、なんと一国の主になったなんて私の周辺じゃ大騒ぎだよ。

 民主党を支持していた人も、していなかった人も我が町育ちの総理大臣となればどこか期待しちゃうんじゃないかな。

 これまでお兄ちゃんはそんなに目立ってTV出演したりするタイプではなかったが、たまに出演している時などとてもわかりやすい語り口に好感が持てた。

 今の政治不信は政治家の考えが国民に伝わらないことが大きな原因だと思う。国民に話せるほどの政策もないからかも知れないけどね。でもお兄ちゃんはちゃんと話してくれると思う。
国民に対してだけでなく野党ともね。

 ここ数年、与党と野党のののしりあいで政治が全く進展しないってことがまるでコドモノケンカみたいで、「政治家に期待するなんてムダだ」と思わせるような言動ばかりだった。

 でも、お兄ちゃんなら国民にも国会にも響く何かをやってくれそうな気がする。

 同郷のよしみじゃなく、本気で願っているよ。

お兄ちゃん、がんばれ 日本復興のために!!


サムライたちも明日の試合頑張れ!!


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


生存者に励まされた。

2011/03/21 00:17
東北沖太平洋大地震の被災者の皆様、ご家族に心よりお見舞い申し上げます。
無念にも犠牲になった8000人を超える人々のご冥福をお祈りいたします。
いまだ行方の分からない多くの方々が一日も早く愛するご家族、お仲間の元へ帰れる日が来ることを願ってやみません。

福島第一原子力発電所で夜を徹して作業にあたっている勇敢な救世主達に感謝いたします。

未曾有の巨大地震が東北沖を襲った。
津波注意の警報も間に合わないくらいの速さで大津波が風光明媚なリアス式海岸を襲った。

着の身着のまま高台に逃げた人々も大津波の猛威になすすべもなく、目の前の光景をただ見守るだけだったという。土地柄海を相手に生活を営んできた人々が多いと思う。そんな彼らが、海の怖さを痛いほど知っている彼らが準備した万全な津波対策も大津波はあっけなく突破したのだ。

津波の恐ろしさはスマトラ沖地震などの映像で頭ではわかっていたはずだった。しかし現地の状況が次々明らかになるにつれ、「これが現実なのか!」と目を疑うほどだった。

16年前の阪神大震災、発生後毎日東京から神戸まで通って取材をした。現場に立って初めてわかる惨状も少なくない。

そして今回、津波は地震による被害を何百倍にもしてしまうのだと感じた。

友人でTVカメラマンの「まさお」が発生直後現地に向かった。
まさおから現地の様子を伝えるメールに言葉を失った。
「あまりの惨状にカメラをまわせない」

原発についてはまったく知識がないため、何も言うことができないが、政府や東電の対応に不満はあるものの、現地の東電、原発関係者の尽力は言うまでもない。
それを思えば一日数時間の停電なんてなんてことはない。
計画停電もやったりやらなかったりではなく、予定していたものは実行し、その分電力を貯蓄することはできないのだろうか?
綱渡りのような場当たり的な節電に思えてならないのだが。


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


喜びをどう表現したらよいかわからないってこういうことか......

2011/02/24 23:00
サムライたちがやってくれたよ。

ホイッスルが鳴ってしばらく動けなかった。サムライたちの喜ぶ姿をずっと黙って見続けていた。
あんな死闘を勝ち抜いてきた彼らの雄姿が眩しかった。

ヨルダン戦の引き分けから今朝のオーストラリア戦まで彼らがどれだけ変わったかって、厳しい試合結果を見ればだれもが納得するよね。
逆境にも耐え、追いつめられても踏ん張った。

弱っている「日本」という国に大きな力を吹き込んでくれた。

長谷くん すごいキャプテンだと思う。

MVPは本田選手だったけど、日本国民はサムライ全員をMVPだと思っていると思う。

最近システムなんかも教えてもらってすこーしだけサッカーがわかったような気がしている私だが、今度はぜひスタジアムで観戦したいと思う。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ひとことだけ

2011/01/26 11:20
サムライ達 マジ カッコよすぎ!!
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


merry christmas !!!

2010/12/25 01:59
今日、この聖なる夜をどのようにおすごし?

我が家はジョジョくんと親子2人のchristmas party。

私の歌うクリスマスソングにうんざり気味のジョジョ。
毎年のこととはいえ、彼にとっては「ママの歌さえなければもっと楽しい日になるのに.....」って感じかな。

ジョジョのプレゼントはおもちゃと牛の骨。おもちゃは5分で破壊された。いつものことだから最近ではあまり高価なおもちゃは買わなくなった、そう数で勝負。
今年のクリスマスプレゼントは「犬のスノーマン」と「くまさんサンタ」「くまさんサンタ」は原形をとどめていないがそれでもくわえてあそんでる。「犬のスノーマン」は耳をとられた以外は無事。(ほっ!)

さて、私自身へのプレゼントは
な、なんと「REGZA PHONE」かな。
しか〜し、
初回入荷は無理とは思っていたけど、今日あたりはいけるかな??なんて期待していた.......。
午前中のヤマダ電機に電話してみると「順番は次の次ですね。次回入荷でお渡しできると思います」だって。
ドンピシャクリスマスプレゼントとはいかなかったが、なんとか年内にはGETできそうだよ。
「REGZA PHONE」を入手したら「つぶやき」でもやってみようか。
少なくともブログの更新頻度はあがるだろう、いや、あげたいと思う年の瀬。
そんなことより、そもそも私に使いこなせるかが大きな問題なのだ!(ワッハッハ)


画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


イヤイヤ、イヤイヤ ごぶさたしました <(_ _)>

2010/12/17 23:34
・気がついたら12月も後半だ(驚)
日本全域一気に真冬並みの寒気に包まれ体も心もびっくり仰天だよ!!!!!
寒さに弱い私は昨日の朝目覚めた瞬間「やられた!」と、そうのどが引っ張られるように痛くなっていた。私の喉は寒気に弱いのだ。
これからは口呼吸禁物!

さて、今年の後半、私は毎週金曜日横浜関内に通った。9月から12月までの3ヶ月間、私の師匠である野村道子さんと関内ホールのコラボで「朗読のワークショップ」が開催されたのだが、私はそこで偉そうに「先生」やっちゃったのだ。「朗読」の講師は過去にも経験があるが、今回はひとつのクラスを3ヶ月間受け持ち、最後に関内ホールで発表会をしましょう、という夢のようなワークショップ。受講生の皆さんにとっては「夢のような」だが、講師にとっては結構ハードな3ヶ月だったと思う。講師は声優のはやみけいさんと津田匠子ちゃん、そして私。舞台経験豊富の2人と違って私は舞台の経験はほんのちょっとだけ。朗読を一緒に勉強するのは出来ても発表会のステージはどう作っていったらよいのやら.......。

私のクラス、星組はこれまたこれまでに経験ない構成になっていた。
最年少は10歳、最高齢は68歳。全く初めて朗読をするという人2割、ちょっと習ったことのある人6割、演劇勉強してますっていう人2割の19人。これまで年齢もキャリアも違う人たちをどうまとめていったらよいのか?
初めに読んでもらった時の見事な棒読みには、よっぽどのことには驚かない私でも途方に暮れた。

しかし、このばらばらな構成が結果的に最強なものになった。私が受講生に伝えたことは「目の前にいる人におはなしを聞かせてあげたい、という気持ちで読むこと。」それだけだ。
受講生はそれぞれのキャリアやそれぞれの年代だからこそ表現できる個性に互いに影響をうけながら学んでいったのだ。
ベテランのお母さんたちは若い演劇っ子達に影響を受け、若い演劇っ子たちはベテランのお母さんたちの「読み聞かせの術」を学んだ。そして17人の大人達は14歳と10歳の姉妹の無邪気さ、素直さに心洗われた。
 
 そう、言い忘れたが、今回私が選んだ作品はアンデルセンの「銀貨」。あまりメジャーな作品ではない。私も知らなかったのだが、数年前NHKのラジオでナレーションをさせていただいた作品でその時以来いつかまた読んでみたいと思っていたものだ。

私は朗読の原点はおかあさんが子供に聞かせるおやすみ前の読み聞かせにあると思っている。上手い読み方というのはプロ、アマチュア問わず、聞く人の心に響く読み方だ。

読み方のレベルはマチマチだが、みな見事に「聞かせてあげたい、という気持ちで読む」をクリアした。本番前のレッスンは各クラスの作品を聞く会となった。ド!がつく素人さんの多い我がクラスは初めて人前で読むプレッシャーでボロボロだった。

その日私は思わずけいさんに「どうしよう(泣)」とメールをしてしまった。けいさんの答えは簡単だった。「大丈夫、みんなライトがあたればかわるから」

本番当日、ゲネでは今までにないスローテンポ。
照明やSEと合わせるのは初めてでみな緊張と物珍しさでリズムがくるってしまったらしい。

本番前のランスルー、ちょっときびしく言っちゃったかな。
みんなのテンションが妙な盛り上がりだったので気持ちを引き締めなくちゃ、と思った。

 私たち星組は休憩をはさんだ後半のトップ。
楽屋で気持ちを一つにした。「おもいっきり楽しもう」「大好きなお話を多くの人に聞いてもらおう」

ハラハラドキドキの本番、こんな気持ちで舞台を見たのは初めてだ。
みんなのびのびと楽しそうに演じていた。
大きなミスもなく(あってもご愛嬌だが)、これまでのNO.1の出来だった。けいさんの言う通りだった。すごいと思った。感動して涙が出たよ。

私の3ヶ月のワークショップは終わった。毎週会っていた19人に会えなくなり、心に大きな穴があいた

ようだ。また、いつか一緒に勉強できたらいいね。この3ヶ月で何人かが「またやってみたい」と思ってくれたら嬉しいな。
 
 みんなの読み方の特徴や表情を思い浮かべながら音楽を用意したり、照明やSEをイメージしたり、私もとっても勉強になったし、なにより楽しかった。壁にぶつかりそうになったこともあったけど、それもよい思い出だよ。(銀貨のセリフみたいだね)


夕奈ちゃん、愛未ちゃん...二人のおかげでクラスのみんなが優しい気持ちになれたよ。一番の功労者だね。


市川さん...みんなを引っ張ってくれてありがとうございます。若手のあこがれの的でした。


白崎さん...鋭い指摘が私に緊張感を持たせてくれました。私の教育係だったかも。


鈴木さん...富くじ屋さんは鈴木さんにやってもらってよかった。カーニバルのシーンが盛り上がったね。


太田さん...「このセリフ言いたい」そう言ってきてくれたのは太田さんだけでした。前ふりもとてもよかったよ。


三浦さん...初めは声が小さくて心配したけど熱心に練習してくれてありがとう。本番はとっても素敵だった。


みかちゃん...だれよりも「上手くなりたい」って気持ちが強くて一生懸命だったね。また一緒に勉強しよ

う!!


角田さん...一番最初に決めた配役、「女の人」苦しみながらも優しさに溢れる役を角田さんに決めて正解でした。ありがとうございました。


滝澤さんさん...フランスの銀貨は瀧澤さんにピッタリ。いろいろくふうしてくれてありがとうございました。


石山さん...前ふりのトップは石山さん、みんながそう思ったんだよ。明るい語りをありがとう。きっとお子さんも喜ぶよ。

中島...「なんでおれだけ呼び捨てなの」だって、中島は中島だもん。みんなから愛されている中島。また会おう!!


松下くん...おばさんから子どもまで、クラスのまとめ役ありがとう。自覚はないかもしれないけど私は助かったよ。


滝川さん...国語は難しいね。当たり前と思えることをいかに伝えるか、一緒に勉強しよう。


岡田さん...若手は岡田さんの語りを聞いて衝撃を受け、演技を変えるきっかけになったって。ありがとうございます、差し入れも。


前田さん...あんなすばらしい銀貨が出来るなんて思ってもいなかった。アンデルセンも喜んでくれるね。ありがとうございます。


笑里ちゃん...学業との両立、最後の涙にはいろいろな思いが込められていたんだね。ありがとう!また顔見せてね。


華ちゃん...やんちゃな銀貨を楽しく演じてくれてありがとう。華ちゃんのパワーがベテランチームに若さを吹き込んでくれたよ。ありがとう、これからもガンバって。


菅ちゃん...最後の語り、私のイメージどおりだった。ありがとう。静かなもの言いの中に真の力強さがあるんだね。公演の時は教えてね。



そして、みんなに...
Good job!!! そして ありがとう。


画像
花組、星組、月組合同 前から2列目中央が野村道子さん

画像

星組のみなさん 冠婚葬祭で集まった親族一同という噂も(笑)

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

  • 横田砂選ホームページ
  • Saelieful Life (よこたさえり)/BIGLOBEウェブリブログ
    [ ]